カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングという言葉、どのような行為をさすのかを想像するときに意外と同じだと思う方が多いと思います。

 

すなわち、クレジットカードを使って、お金を借りるという行為です。しかし、実際には、この二つの言葉は別々の行為をさしています。

 

カードローンはクレジットカードを使って、サラリーマン金融や、クレジット会社やデパートのクレジット部門などからお金を引き出して、借金すること。またはクレジットカードで、商品の支払いをすることです。

 

キャッシングは、同じようにクレジットカードを使って、サラ金や、クレジットカードの会社などからお金を引き出すことをさします。

 

同じように見えるのですが、キャッシングという言葉を使う時は、翌月に一括で返済する場合を指すの普通です。もちろん、一時的に、借金をするのですが、この翌月一括返済の場合は基本的に、金利が付きません。

 

そしてカードローンの場合は、借金を分割して返すことを指します。なので当然金利は18パーセント程度は乗っかってくるのを覚悟しないといけません。リボ払いの場合も、元金から返済されるか、金利のほうから返済されるか、会社によって変わってくるので注意が必要です。

 

金利が高くて返済負担が大きいと感じている方は、低金利への借り換えを行うことを考えてみましょう。多くの借り入れ先を一本化するおまとめローンの借り換えなら今後の返済も楽になり、完済がスムーズに目指せるようになります。