借り換えローンの内容

金融業者が提供している個人向けのカードローンには様々な商品があり、金利や利用額の上限などは商品ごとに違っています。金利が高い商品よりも低い商品を選択した方が、同じ金額を利用した場合には金利が低い分だけ利息も少なくなり返済の負担も軽くなります。

 

既に利用を開始した後に、金利が低い商品を見つけてしまう事があります。返済の負担を減らすために現在の利用額と同額の借入を新たに行い、全て返済してしまうという事を借り換えと呼びます。借り換えローンは、このように返済を軽くする事を目的とした商品です。

 

消費者金融やクレジットカード会社の個人向けのカードローンは総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超えた金額の借入を行う事は出来ません。

 

しかし総量規制には例外が設けられており、現在よりも有利な状況に変えられる場合は年収の3分の1以上を利用する事が出来ます。このために借り換えローンは総量規制の対象からは外れており、借金の一本化も可能となっています。

 

借り換えローンの金利は、個人向けのローンと大差のない内容です。借り換えによるメリットはないように感じてしまいますが、実際は違っています。個人向けのカードローンは利息制限法に基づいて金利が設定されているため、利用額により金利は変動します。

 

少額を複数の業者から利用している場合は一本化する事により金利は低くなるので、返済額は少なくなります。